ニュース

山梨の郷土食『ほうとう』を自分で作って食べてみよう!

山梨の郷土食『ほうとう』を自分で作って食べてみよう!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

山梨県民のソウルフードと言えばやっぱり『ほうとう鍋』

ここ身延町では「ほうとう」の事を、小麦粉を伸してお鍋に入れる事から『のしいれ』と呼ばれて親しまれて来ました。

こちらのプランでは、まず「ほうとう」の歴史について楽しくお勉強してから、粉をコネて伸ばして切って、身延町特産“あけぼの大豆”の味噌を使った「のしいれ」と、

小さな子供さんにも大好評の「のしいれグラタン」作りにチャレンジして頂きます。

古くから伝わる山梨県の郷土食と身延町の特産品の味を、学んで、作って、食べて、どうぞ楽しんで下さい♪
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

開催期間

 2名様よりいつでも体験できます。 

開催時間

 10:00~13:00

参加料金

(税別)

 中学生以上:2,000円

 小  学  生:1,500円

 未就学児:1,000円

 ※3歳未満無料 

体験内容

 先ずは『ほうとう』の歴史などについて画像を見ながら楽しくお勉強をしてから、

 自分たちの手で小麦粉をこねて、麺棒で延ばして切って、かぼちゃ・大根・人参などの野菜と味噌を一緒に入れて煮込む

 お馴染み『ほうとう鍋』と、同じ麺を使った『ほうとうグラタン』作りにチャレンジして頂きます。

備 考

※小麦粉、乳製品、大豆製品等の食品を使用します。アレルギーのある方は事前にご確認ください。
※冬季は屋内での体験となります。

※汚れが気になる方はエプロン等をご持参ください。

 

※スタッフの人員、会場の収容人数によりお受けできない場合もありますが、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

※ほうとう作り体験のご案内PDFのダウンロードはこちらから