体験メニュー

【7月21日限定】里に泊まって『西嶋和紙ワークショップ2018』に参加しよう!

400年以上前の戦国時代、あの武田信玄公からもお墨付きも頂いた歴史ある西嶋和紙。

みのぶ自然の里から車で約20分のところにある「身延町なかとみ和紙の里」では、そんな伝統工芸品を自分で手作り体験することが出来ます。

 

今回は講師に書家の今井香子先生、篆刻作家の笠井龍月先生をお招きし、西嶋和紙に薄墨でお好きな文字を描き、自分で作った落款を押し、

なかとみ和紙の里オリジナルの素敵な額に入れて、世界にたった一つだけのお部屋のインテリアを完成させます。

 

また、併設する「身延町なかとみ現代工芸美術館」では、江戸時代後期に日本全国を行脚し、80歳で1000体、90歳で2000体もの造像を彫り、

93年の生涯を閉じるまで日本各地で多くの仏像・神像を誓願し続けたと伝わる「木喰上人」の生誕300年を記念して『木喰展』が開催されます。

 

今回は、こちら「なかとみ現代工芸美術館」の招待券(一般700円)と、併設する富士川流域の郷土料理が食べられる『味菜庵』でのランチも付いたお得な限定プラン!

里に泊まった後はココでしか出来ない体験を旅のお土産にお持ち帰り下さい。

開催日

2018年7月21日(土)~22日(日)(一泊二日)

対象 1名様から申し込み可能。
お一人様料金(税別)

中学生以上:10,200円~10,500円 小学生以上:8,500円
(小学生以下のお子様のお申込みは直接施設までお問合せ下さい。)

スケジュール 1日目:15:00~18:00チェックイン-18:00夕食-16:00~22:00入浴-22:00就寝
2日目:起床-7:30朝食-9:30チェックアウト-10:00ワークショップ・昼食・美術館観覧-15:00解散
注意事項 ・みのぶ自然の里~なかとみ和紙の里までの移動はお客様各自で手配していただきます。
・本プランにスタッフの随行はありません。